ドイツ|カデンカデン社

木製クーゲルバーン

ドイツの伝統遊具「クーゲルバーン(ボール転がし)」を工房で制作。

ドイツ東部の小さな村・ノイハウゼンにある、大学でプロダクトデザインを教える父親と木工職人の息子が営む工房。数学的均衡がとれた美しいデザインで、丁寧に成型・着色された木製遊具を1点ずつ手作りしています。大型のクーゲルバーンは、シンボル遊具として異年齢の子どもたちが一緒に過ごす場を華やかに彩ります。

HISTORY(メーカーの歴史)

父親が工芸品をつくる職人だったゲルト氏は、幼少期から木工に触れて育ち、大学ではプロダクトデザインを専攻。
大学の卒業制作に、直線と1/4円弧のシンプルな模様で構成された壁の装飾品「木製のタイル」を作成。これを平置き・縦置きして立体的に使い、実験を繰り返しながら玉ころがしのアイデアを膨らませていきました。
1977年にドレスデンで芸術博覧会が開かれた際、地域の芸術組合の会員だったゲルト氏は、政府から子どものあそび場の制作を依頼され、そこではじめてクーゲルバーンを発表したのがはじまりです。

CONCEPT(製品コンセプト)

クリスマスに飾る木製工芸品で有名なドイツ・ザイフェンの隣町、ノイハウゼンに小さな工房を構え、「創造性を育むのに大切なことは、自然素材であることとシンプルに遊べること」という理念のもと、優れたデザインの木製の玉ころがしやパズルを制作しています。
工房で生まれる作品は、「無機質な大量生産を目指さず、自然環境保護に配慮した設計・製造を」と手掛けられた、丁寧なつくり。
美しいデザインや仕上げの部分には、ドイツの伝統工芸技術を活かした工法を取り入れ、
テーブルの上で組み立てる積み木タイプのものから、手のひらサイズのボールを転がす大型タイプまで、さまざまなサイズのクーゲルバーンを制作しています。

PRODUCT(製品特徴)

こだわり

玉転がしは、白木のコースに色のついたボールを転がすデザイン。木目の美しさが映えるように自然由来の塗料を使用し、鮮やかな原色にすることで小さな子どもでも視認しやすくなり、思わず目で追いかけて繰り返し遊びたくなるボールの動きを生み出します。
耐久性に優れた「ブナの木」を使用し、遊びながら木目の美しさや、なめらかな触感、独特のにおいなど、天然の材料ならではの魅力を体感できるようデザインされています。
ボールの大きさは3歳以上の子ども向けの直径26mm、すべての年代が対象の46mmと63mmがあり、手で持ち上げた時の重さにもこだわって制作しています。

実現できること

大型のクーゲルバーンはシンプルなつくりなので、年齢を選ばず、出合ってすぐにあそびを始めることができる遊具です。木製で重厚感・存在感があるので、まるで家具のように部屋全体をあたたかく彩ります。

ページトップへ